【受付時間】9:00~18:00 / 無休(年末年始除く)
【受付時間】9:00~18:00 / 無休(年末年始除く)
Facebook Instagram

1屋根裏収納で収納効率アップ!

屋根裏工事

自社施工だから圧倒的な激安価格で
ご提供いたします。

最大70%OFF

※メーカーやタイプ・オプションに
よって値引率は異なります

屋根裏を有効に活用することによって、今まで置き場所に困っていたものを屋根裏収納に片付けするのが今、皆様がやっておられることなのです。
但し耐震性能を確認する事が必要になります。
頭が重くなればその分既存より耐震性能が悪くなる事も事実ですし、ただ収納を造るというのでは安全性を損なう事になりかねません。
弊社では、建築士が耐震性を確認し安全性を保つ提案を致します。

【受付時間】9:00~18:00 / 無休(年末年始除く)

3つのポイント!

Three points

POINT 1
サウナ状態にならないよう注意!

暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下に降りるため、屋根裏部屋は暑くなりがち。
夏場は特に、長く滞在することは難しくなってしまいます。
サウナ状態にならないようにするには、断熱材で囲うのがおすすめ。
屋根に降り注ぐ熱を緩和することができますよ。また、換気扇や扇風機を設置すると、空気が循環されて熱がこもることを防ぎます。

POINT 2
収納グッズを設置できるか?

屋根裏部屋は1.4mの高さの中で、収納を工夫していく必要があります。
収納アイテムを購入しても、「ロフトに入らず使えなかった……」という残念な状況になりかねません。
また、屋根裏部屋に収納することができるアイテムでも、階段やはしごを使って持ち運ぶことができるかどうか、イメージする必要があります。
収納グッズを設置する場合には、あらかじめ購入したいアイテムの高さや重さを測っておくのがおすすめです。

POINT 3
収納したいアイテムは安全に収納できるか?

屋根裏ははしごで登り降りする関係上、大きなものや重たいものを持ち運び収納するには適しません。あくまでも安全第一に、収納できるアイテムを考えていく必要があります。
屋根裏に収納するアイテムとしておすすめなのは、たとえば漫画や雑誌。
コンパクトで軽量なので、少しずつ持ち運びができます。また、屋根裏は衣替えで季節モノのファッションアイテムを収納するスペースとしても有効利用。
1年近く使わないアイテムは、屋根裏に収納してそれぞれの季節でおしゃれを楽しめます。

ご利用の流れ

Flow of a procedure

STEP 1
ご相談

「一度電話したら、断れないんじゃないのかなぁ?しつこい営業をされそう。」そんな心配はご無用です。
お客様の判断でやる・やらないを決めてください。 問い合わせをしたからといって、しつこくお電話したり、訪問したりとご迷惑になるような営業活動は一切行っていません。
分からないこと、聞いてみたいことなど 遠慮なくお問い合わせください。

STEP 2
下見/御見積

一度現地を下見させて頂きます。下地の具合、数量を測ります。
多少の下地の補修があっても基本的に上記金額に変更はありません。
下地の具合と数量を測るのは、当日の作業をスムーズにするためのものです。
お値段をみてビックリされるお客様が大勢いらっしゃいます。

STEP 3
ご注文

工事工程・仕様・金額を再度ご確認して頂きます。

STEP 4
施工

工事の着工日までに近隣の方に工事のご挨拶をいたします。

STEP 5
引き渡し

お客様に最終確認をしていただきます。気になる箇所がございましたらご遠慮なくお申し出下さい。

お問い合わせ

Contact us

詳細については、下記お電話かフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】9:00~18:00 / 無休(年末年始除く)
*は必須項目です。
お名前
フリガナ
電話番号
住所
メールアドレス
お問い合わせ